​your night walk 

words by kotori

photos by Isao Yasuda, Nao Ashidachi

​2020/6/24

テキストです。ここをクリックして「テキストを編集」を選択して編集してください。

テキストです。ここをクリックして「テキストを編集」を選択して編集してください。

テキストです。ここをクリックして「テキストを編集」を選択して編集してください。

夜はちかしい

 

犬と猫も、私にちかしい

生きるのも死ぬのも、ちかしい

 

町中の猫たちが会議をする時間だから、

ほんとうの黒の夜には気をつけて

 

それでも、

もし会議に直面してしまったら

私はまず中心人物(猫)と視線を外さない

 

私は帰りますよ

どうぞ、続けてくださいね

 

そうして少し大人になった気分で

引き返すのが夜

 

ひゅんひゅんって夜は歩くのだ

夜はひとり

 

夜はうーちゃんを抱きしめて、

 

それでも夜はひとり

 

ひとりと、うーちゃんと

一部分を触れ合って ねどこに

 

かわいい子が私の部屋に来てから、

夜な夜な不条理な文学に耽るのは

もうやめた

 

せいぜい唄って、

うーちゃんに 

あるかなしかの噺を嘯いている

 

ここら辺のわんこの中では、

酔っ払いの正しくない道路横断を

目撃している数少ない隠れ自警犬

 

小さな部屋のベランダから

ひとりと、うーちゃんの

大きな世界を見下ろしている

夜は特段にちかしい

 

私を泣かせるのも夜

 

夜のちかしさから抜けるのは

時に名残惜しい

 

私の朝は 

うるさいくらい生に満ちている

 

"マホの可愛い笑顔が大好きよ"

 

そういった人は、もういないけど

 

私はその言葉を抱きしめて

 

ちっぽけな中肉中背の蜘蛛を

母だと思って

昨日も今日も生きていた

 

夜がきてくれるなら、

きっと明日もそう

"your night walk" 

3日間コトリさん @kotori_tomarazu に文を寄稿してもらいました。写真は1,2日目は @isaocuephotography さん、そして3日間は足達が撮ったもの。共にお友達です。本当に素敵な写真と文をありがとう。

このときは夕方に落ち合い、お茶した後にフラフラって公園に立ち寄ったとき。あのとき立ち寄った素敵なお茶屋さんはまだあるのだろうか。たった半年前の出来事なのにまるでコロナが時代を分断してしまったようで半年前さえも幻みたいに感じる。

時代が分断されてしまえど、毎日夜がくるのは変わらないことでいつだって光もあなたも綺麗。(足達)

​©nao ashidachi 2016-2020

nmametaro@gmail.com